2015年4月29日水曜日

生物園の昆虫飼育ボラ、クスノキの葉を拾う



日曜日は生物園の昆虫飼育ボラでした(前回の様子)。自分にとっては今年度初めての活動になります。担当スタッフさんも変わられました。

メニューはいつもの通り、落ち葉堆肥の切り返し。しかし、よく見ると落ち葉堆肥の上にクスノキの葉がたくさん落ちています。クスノキは常緑ですが、春のこの時期、古い葉を落として新しい葉に入れ替えるそうです(前にNHKニュースで気象予報士の南さんが解説してた)。落ちた葉を拾ってちぎってみると、虫除けのショウノウの香りがしました。これはカブトムシのエサには使えない・・・。ということで、まずはクスノキの葉を拾う作業をしました。




頭上のクスノキを見上げると、古くなって色づいた葉がまだ残っていました。




堆肥の切り返しをしていると、大抵面白いものが見つかるのですが、今回はHSMさんがこんなものを発見。ハンノキの果穂が落ちて、残っていたタネが一斉に発芽したようです。面白い。




オレンジ色の派手なキノコを発見。木のように硬い。ヒイロタケ?




作業終了後、クスノキ対策の意味も込めてブルーシートを被せておきました。




池にはヒキガエルのオタマジャクシがたくさん。




昆虫ドームのところ。この子はサザナミスズメ?




スタッフさん、早速手に乗せていました。目がくりくりしててかわいいとのこと。スズメガの仲間はかわいいですね。




カナヘビもいました。(^^)




カブトムシの幼虫が見やすく展示されてます。




◇     ◇     ◇


その後、地下の飼育場でサキシマヒラタの割り出しなどをしました。この子はメス。




終了後、裏のほうで見かけた猫ちゃん。近寄っても逃げない良い子でした。




◇     ◇     ◇


ここで残念なお知らせが。うちで飼っているヒバカリ、またもや首がきゅるっと丸まる病気?になってしまいました。これって何が原因なのだろう?




こうなると、自力でエサをとれなくなるため、強制給餌が必要。今のところ、生きてくれているけど、活動レベルはかなり低下してます。




2015年4月26日日曜日

西新井大師の牡丹2015



今年も西新井大師の牡丹を見てきました(昨年の様子はこちら)。もう散りかけていましたが、それでも綺麗でした。(^^)






















いい天気でした。




オオデマリ。




ちゅん。




藤の花が満開でした。(^^)




甘い匂いにクマバチがぶんぶんと集まっていました。








タケノコ。収穫している人たちもいました。




2015年4月25日土曜日

都市農業公園の花ボランティア、バラゾウムシを捕まえる



都市農業公園の花ボランティアに行ってきました(前回の様子)。バラの先端部がチリチリになる現象、バラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)が原因のようです。




体長は数ミリと小さいのですが、




蕾の下にたくさん穴を開けてダメにしてしまうのです。↓こんな感じ。気づくのが遅かったようで、すでにいくつかの蕾はダメになっていました。が、まだ無事な蕾も多いです。




かわいそうだけど、見つけたら速攻で捕殺。






農薬とか使ってないから、天敵のクモも結構いる!なんとかクモを増やしたいなあ~。そのためにはもっと雑草が必要なのかもね。




アブラムシもカラスノエンドウの方に行ってくれてます。アブラムシの天敵のテントウムシやホソヒラタアブもそこそこいます。




◇     ◇     ◇


さて、本日は苗のポット上げをしました。人数が多かったので、作業が大幅に進みました。(^^)






マリーゴールドのオレンジは無事ポット上げできたけど、




黄色の方は水が切れてて瀕死状態だった。なんとか復活してくれるといいのだけど。やはり、苗を育てるときは水切れに要注意ですね。




ポット上げした苗は農業交流館前に置かせてもらいました。普段の水やりなどはスタッフさんがしてくれるということで、ありがたいです。




◇     ◇     ◇


八重桜はほとんど終わり。糸括がまだなんとか頑張っている状態。




桜の花を拾うにはいい時期です。




2015年4月19日日曜日

川あるきの日(鹿浜橋右岸)、サクラソウを見に行く



荒川ビジターセンターの自然観察会「川あるきの日」に行ってきました(前回参加した時の様子)。今回のコースは鹿浜橋~江北橋右岸。途中、新田わくわく♡水辺広場を通り、終点では新田自然保護の会の方々が管理しているサクラソウを見ることができました。天気はイマイチでしたが、なかなか楽しいコースでした。




小さなバッタが乗ってます。




こちらは雪の結晶みたいで綺麗でした。




◇     ◇     ◇


鳥編。ツバメがたくさん飛んでいました。↓は巣に使う泥を取っているのかな。何度もこの場所に降りてきていました。




こちらはヒバリ。飛び立って上空でさえずっていましたので、オスなのかな?




このほか、ツグミ、カワラヒワ、バンなどを見ましたが、写真撮れず。(^^;


◇     ◇     ◇


虫編。たぶん、本日最も多く見かけたのが、このメスアカケバエのオス。そこら中にたくさん飛んでいて、ちょっとウザい感じでした。素手で簡単に捕まえられます。グミの花にも群がっていました。




メスは赤くて頭が小さい。交尾中です。




ホソヒラタアブ?




ナナホシテントウ。ナミテントウか何かの幼虫もいました。




ベニシジミ。男の子がルーペで見ているところ。




モンキチョウ。




クビキリギス。このほか、ツチイナゴもいました。




◇     ◇     ◇


植物編。ノジシャはヨーロッパではサラダに入れるというので、食べてみたのですが、葉がザラザラしていて、あまり美味しいとは思えませんでした。(^^;




ハルジオン。あれ?ハルジオンとヒメジョオン、茎が中空なのはどっちだっけ?




茎が中空なのがハルジオンでした。




オニグルミの雄花だそうです。でかい。




シロツメクサに寄生したヤセウツボ。根の部分でつながっていました。




◇     ◇     ◇


そのほか、池のところではワイルドな少年が大量のザリガニを見せてくれました。罠で捕まえたのだとか。少年、ザブザブと水の中に入っていって、長靴が水で満タンになっていました(笑)。




クロベンケイだっけ?




ウシガエルのおたまじゃくしなどもいました。