2015年1月31日土曜日

雪の都市農業公園、梅が見頃でした



都市農業公園、昨日の雪がまだ残っており、子供たちが雪だるまを作っていました。




作者はこの子たち。




こちらはミニサイズ。




梅が見頃を迎えています。




八重寒紅はほぼ満開でした。






八重唐梅も咲いています。こちらは色が鮮やか。






梅林は華やかな雰囲気でした。




◇     ◇     ◇


さて、花ボラは特にこれといった作業もなく、




育苗温室で忘れな草のお世話をしたり、ローズゼラニウムの伸びた枝を切って挿し木にしたりしました。




温室のモウセンゴケ。ネバネバが綺麗。




つぐみん、足が細い。






◇     ◇     ◇


農業交流館のところには、こんな作品が飾ってありました。フィンランドの伝統装飾品で「ヒンメリ」というのだそうです。麦わら(ストロー)に糸を通した多面体のモビールです。とても軽く、空気の対流によってゆっくり回転します。とても綺麗でした。(^^)




ヒンメリ(HIMMELI)とは、スウェーデン語で「天」を意味するのだとか。フィンランドでは麦の収穫が終わるとヒンメリを作り、収穫祭「ヨウル」で飾るのだそうです。これは農業公園にピッタリの展示ですね!




2月7日(土)にはヒンメリを作るイベントも開催されるようです(詳細はこちらのページ)。なお、展示は「東久留米ヒンメリの会」の方々の協力によるもので、北区・十条駅近くの「ダイニング街なか」にも展示されているそうです。


2015年1月26日月曜日

清水坂公園を歩く



日曜日は「川あるき」の後、急な仕事が入り、生物園の昆虫飼育ボラをお休みしてしまいました(残念)。仕事を片付けた後、近所の清水坂公園を散策しました(以前来た時の様子はこちら)。






自然ふれあい情報館。木の実などを使った楽器があり、とてもいい音がしました。あと、予想以上に子供たちがたくさんいて、ちょっと驚きました。清水坂公園って、人気なんですね~。




娘はスリッパを気に入った様子でした。




すべり台、ようやくまともに滑れるようになりました。








こうなると、帰ろうと言っても聞きません。連れ帰るのが大変でした。(^^;




◇     ◇     ◇


おまけ:

フライ兄がミカンをこんな風にむいていたので、なにそれと聞いたら、「イモムシむき」というらしい。有名なのだとか。








2015年1月25日日曜日

川あるきの日(西新井橋~扇大橋左岸)



荒川ビジターセンターの自然観察会「川あるきの日」に参加しました(前回の様子)。


(ガガイモの綿毛)


とても天気がよく、オオイヌノフグリがたくさん咲いていました。




今回は娘を連れて行ったのですが、




参加してたお子さんと意気投合。娘、大喜びでした。(^^)






本木ワンドを散策。




今日はバタバタしていて、ダンゴムシとムカデくらいしか写真に撮れなかった・・・。




こんなのもありました。夏が待ち遠しい。




2015年1月24日土曜日

井の頭自然文化園を歩く



久しぶりに、井の頭自然文化園(本園)に行ってきました。花ボラはお休みしました・・・。




フェネック。かわいい。




リス園のウズラちゃん。かわええ。




ニホンリス。すぐ目の前で見られます。










ヤマガラ、水浴び中。






キタヤマドリ。




クロジ。となりのおじさんが「珍しいんだよ」と教えてくれた。




井の頭自然文化園はあまり混んでおらず、子供に優しい雰囲気でした。




屋外で見かけたジョウビタキのオス。




シロフクロウ。




メンフクロウ。面白い。




フンボルトペンギン。エサを食べるところがすごかったです!






2015年1月18日日曜日

荒川ビジターセンターの「川のようちえん」、初参加



荒川ビジターセンターの「川のようちえん」というイベントに初めて参加しました。




まずは、木や草に目玉のシールを貼って遊ぶ「目玉っち遊び」。以下は参加された方々の作品です。








↓娘の作品はこちら。(^^; スプラッターな感じがよく出ている・・・。




ギシギシの葉の裏に小さな虫がいました。クロスジホソサジヨコバイでしょうか。どっちが頭か、一瞬分かりにくいです。






土の中で見つかった何かの幼虫。






クビキリギスなども見つかりました。




風が強く、厳しい寒さの中でしたが、いろんな発見があって、面白かったです!(^^)