2015年10月30日金曜日

「それゆけ女子高専生」を読んで



先日、朝のNHKニュースで無料スマホ漫画(comico)の話題があり、その中で紹介されていた「それゆけ女子高専生」という漫画がとても気になりました。読んでみると、時代が違うにもかかわらず、かなり当てはまる部分がありましたので、まとめておきます。

(1)クラスの9割がメガネ(草食系男子)
→そんな感じでした。自分もその9割の中の一人でした・・・。

(2)私服はチェック柄
→やばい、今でもそうかもしれない・・・。

(3)校則はあってないようなもの
→それが最大の魅力で入ったのだと思います。

(4)電卓がやけに高性能
→授業ではシャープのポケットコンピューターを使っていました。下の写真は途中で買い換えた新しいやつ。息子に見せると「何これ?」とびっくりしていました。


(5)先生に元高専生が多い
→本当に多かった。私の同級生も今、高専の先生をやってます。

(6)留年率が高い
→周りは留年生だらけでした。中学浪人で入ってきた人もいました。

(7)英語ができない
→はい、できません(笑)。文系の教科は全般的に苦手でした。ただし、専門用語の英語だけはよく分かるのです。「light amplification by stimulated emission of radiation(LASER)」とか。

(8)あまりに女子が少ないため、どんな女性でも可愛く見える
→これ、漫画を読んで初めて気づいたのだけど、私は完全にこの症状でした・・・。毎朝、通学の電車で一緒になる若いのか年寄りなのか分からない謎の女性に恋をしていました。

(9)あまりに女子が少ないため、男同士で恋愛関係になる
→それに近い状況はありましたね。私は一線は越えませんでしたが・・・。

(10)寮生パワーがすごい
→通生(通学してる学生)はそのテンションに付いていけないのです(私は通生)。


もう昔のこと過ぎて、ほとんど何も思い出せないのですけど、この漫画を読んで、なんだか懐かしい気持ちになりました。(=^・^=)


(高専に入学した時の様子。卒業アルバムより)


2015年10月25日日曜日

生物園の昆虫飼育ボラ、完成した腐葉土を保管する



足立区生物園の昆虫飼育ボランティアに行ってきました(前回参加した時の様子)。1年間かけて作ってきた落ち葉堆肥がついに完成しました。




本日はそれを袋に詰めて保管する作業をしました。この作業をすると、冬が来たな~という感じがします。東京では昨夜、冬の訪れを告げる「木枯らし1号」が観測されたそうで、いよいよ冬の始まりですね。




途中、スダジイのどんぐりをつまみ食い。




みんなで洗ったシート。風に飛ばされないことを祈ります・・・。




◇     ◇     ◇


おまけ:

午前中はミエル川口のハロウィン・イベントに行ってきました。




娘はあんまり乗り気じゃなかったようです・・・。




それでも集合写真には、ちゃんと入ってくれました。(^^;




2015年10月22日木曜日

シマヘビの赤ちゃん、エサを食べる



※ヘビの嫌いな方ごめんなさい。m(__)m

シマヘビの赤ちゃんがエサを食べてくれましたので、一部始終を記録しておきます。




以下、メモ書きです。


◇     ◇     ◇


1日目
荒川の河川敷で赤い幼蛇を発見。一瞬毒蛇かと思うほど赤かった。後で調べたら、シマヘビの赤ちゃんだった(この時の記事)。


2日目
ペット屋で「ピンクマウスS」を100匹購入。解凍して与えると、そこそこ興味は示すものの、食べてくれない。この後、1日1回のペースで試みるも、全て失敗。


6日目
荒川でアマガエルの成体を3匹捕まえてきた。たぶん、大きすぎて食べられないと思うので、ピンクマウスSにカエルの粘液を付けてシマヘビに与えてみたが、食べてくれなかった。

少し脱線するが、アマガエルが予想以上に可愛らしく、このまま飼ってみることにした。なんとアマガエルは10年以上生きるものもいるのだそうだ。高さのあるプラケースに新聞紙を敷いて、夏越ししたシクラメンを入れ、水場を置き、樹上性のため、木の枝を入れた。枝の上が好きなようで、なかなか可愛らしい。ただし、カエルのエサにはコオロギが必要だ。また以前のようにヨーロッパイエコオロギの赤ちゃんを育てるべきなのだろうか。




7日目
驚いたことに、白かったアマガエルが次の日には緑色になっていた。シクラメンの葉の色に影響されたのだろうか。そのうちの1匹は大きな声でぎゃぎゃぎゃと笑い声のように鳴くので、とても可愛らしい。

なお、シマヘビのケージには以前ヒバカリの飼育で使っていた流木を入れた。住処として利用してくれているようで、少しは落ち着いてくれたような気がする。


9日目
とある爬虫類店でヨーロッパイエコオロギ(イエコ)を100匹購入。イエコの飼育環境を整えると、今度はイエコが可愛らしくなってしまった・・・。




11日目
ついにシマヘビがピンクマウスSを食べてくれた!エサが消えてお腹が太くなっていたので間違いない。爬虫類店でイエコを買った際、女性の店員さんから聞いたヘビ飼育のアドバイスが役立った。うまくいったポイントをまとめてみる。

(1)環境に慣れさせたこと。ヘビは警戒心が強い。ケージの中に流木の隠れ家と水入れを用意し、数日間何もせずに放置しておいたのが良かったようだ。隠れ家で休んだり、水入れで水浴したりする様子が観察できたので、少なくともガチガチの緊張状態ではなかったと思われる。

(2)環境を常温のままにしたこと。その店員さんは「シマヘビは外気温の中で暮らしているので、変にケージを温めるとストレスになるかも」と言っていた。そこで、シート状のヒーターなどは使わず、そのまま22~23℃の部屋に放置しておいた。ピンクマウスも冷め切っていたと思うが、問題ないようだ。

(3)エサを少し切ったこと。店員さん曰く「ピンクマウスを半分に切ったり、鼻や首を少し切って血の匂いを出すと食いつきが良くなる」とのことだったので、腹部を軽く切っておいた。その匂いに釣られたのかどうかは分からないが、食べてくれたのは事実だ。

(4)置き餌にしたこと。慣れていないヘビの場合、目の前でエサをちょろちょろ動かしたりしても食べてくれない。今回、解凍したピンクマウスに直接触れて思ったのだが、想像以上に熱かった。レフランプで加熱・解凍すると、ちょうどいい頃合いだと思っても、見た目以上に熱々になっているようだ。こんな熱いものをヘビがすぐに食べるわけがない。置き餌にした方が適度に冷めてくれると思う。

(5)早朝に狙いを定めたこと。シマヘビは、夜は流木の下に隠れていて、早朝になると水入れの中で水浴したりしていた。その生活リズムに合わせ、前日の夜にエサを置いておき、翌朝確認する手法を取ったところ、狙い通りに食べてくれた。


↓この流木の下に隠れている。


流木をどかすとこんな感じ。


水浴する様子。



2015年10月18日日曜日

川あるきの日(江北橋左岸)、オシロイバナの落下傘



荒川ビジターセンターの自然観察会「川あるきの日」に行ってきました(前回の様子)。今回のコースは江北橋~扇大橋左岸。参加者は大人だけ(常連さんだけ)で、なかなか楽しい回となりました。(^^)

浅羽さんが教えてくれたオシロイバナの落下傘。子房を引っ張ると、長い雌しべが出てきて、ちょっと可愛らしいパラシュートになります。高いところから落とすと、回転するかな?と思ったのですが、そんなに回転しませんでした(少しは回ったような気がしましたが)。(^^;




オシロイバナの実を割ると、中から白い粉が出てきます。これをおしろいのように顔に付けて遊ぶと親に怒られたと参加者の方が言っていました。なんで怒られるの?と聞いたら、皮膚病の「はたけ」になるから(またはそのように見えるから?)という答えでした。一方、ネットで調べたところ、白い粉は胚乳(でんぷん)であり、江戸時代にはおしろいの代わりにも使われていたとあります(参考ページ)。たぶん、親たちは皮膚病の子への配慮など、いろんな思いを込めて、顔に付けちゃダメ!と言い聞かせていたのでしょうね。




右岸側ではハーフマラソンが開かれていたようで、自転車がみんな左岸側に集中していました。




クビキリギス。驚くほどたくさんいました。




褐色個体。




コガネグモのメス。




ドヨウオニグモのメス。巣も綺麗でした。




アカハネナガウンカ。ひょうきんな顔をしています。




エビガラスズメの幼虫。道を横断している個体が何匹もいました。




ホトケノザが咲いている!春かと錯覚してしまいます。




ナズナも咲いてる!




アキアカネのオス。胸の側面に途中で切れた黒色条があり、その先端が尖っているのが特徴。




セイヨウタンポポ。




トノサマバッタ。後翅に黒色帯がないので、跳ぶとちょっと綺麗。




エンマコオロギのメス。簡単に見つかるかとおもいきや、この子しか見つかりませんでした。




トビ(とんび)。遠くでうまく撮れなかったけど、上昇気流を使ってぐるぐる旋回しながら高度を上げていました。




マルカメムシ。




セイタカアワダチソウにせせりん(イチモンジセセリ)。




カナムグラ。左の赤いのが雌花で、右が雄花。




写真はありませんが、オギの葉を飛ばす遊びを浅羽さんから教えてもらいました。冒頭のオシロイバナの落下傘といい、とても新鮮で、大人でも夢中になりました。(^^;


2015年10月17日土曜日

都市農業公園の花ボラ、花苗を温室へ移動する



都市農業公園の花ボランティアに行ってきました(先週の様子)。今日はあいにくの雨だったのですけど、河川敷のコスモスが綺麗でした。






公園のお客さんに「この赤い実が付く木は何?」と聞かれてパッと出てこなかったのですけど、イイギリでした。(^^;




こちらはハナミズキ。秋になって、いろんなところに赤い実が。




古民家前や工房棟前のコキア(ホウキグサ)も紅葉しています。もう赤を通り越して紫っぽいですが。






センニチコウ。長持ち。




バッサリと切ったダリアがこんなに元気に育っている!一方、切らなかったダリアはもうそろそろ終わりっぽい雰囲気で、来週バッサリ行く予定(来週は子供の文化発表会でお休みします)。




収穫したイネを狙うスズメちゃんたちが可愛らしい。(^^)




カルガモちゃん。




農業交流館前の花苗たちは、温室に移動させました。まあ、温室も温度低いからあんまり変わらないかもしれませんが。




今年も秋まきの花苗はうまく育ちませんでしたね・・・。(T_T) ポット上げが早すぎたのか、底面給水で窒息したのか、爆弾低気圧による水没が効いたのか、どこかで水切れが生じたのか、気温が低すぎたのか、それらすべてが重なったのか。

それでも、まだ元気に生き残っている苗がたくさんあります(カゴ8個分くらい)。その子たちを大事に育てつつ、こぼれ種から芽を出した野生児たちも加えつつ、何とか工房棟前の花壇を盛り上げていきたいと思っています。(=^・^=)


2015年10月11日日曜日

シマヘビの赤ちゃん



※ヘビの嫌いな方ごめんなさい。m(__)m

荒川の河川敷でシマヘビの赤ちゃんを見つけました。うまく餌付けできたら育ててみようかなと思っています。




以前飼ってたヒバカリよりも小さいです。




それにしても、すごい色&模様! 幼体は、成体とは見た目がぜんぜん違うのですね。




アオダイショウに比べると、顔が怖い。(^^;




荒川ではたぶん、小さなカエルなどを食べていたのでしょうね。冷凍マウスへの餌付けができれば飼えると思うのですが・・・。


2015年10月10日土曜日

北区花火会2015



今年も北区花火会を見てきました(昨年の様子)。自由席の最前線付近まで行ったのですけど、旗が立ってるのですよ、旗が。(^^;




ちょっと花火が遠いので、途中からレンズを「SAL70300G」に変えました。修理しといてよかった・・・。




旗がなー(笑)。まあ、これはこれで綺麗かな?






こういうスッキリしたのも好き。




ぐちゃぐちゃしたのも好き。






シュルシュルも好き。




最後はいつもうまく撮れないので、動画でどうぞ。






動画はこちらです:



会場が狭い分、足立の花火より人口密度は高いかも・・・。(^^;