2015年5月24日日曜日

生物園の昆虫飼育ボラ、カワニナのお世話とミニ田んぼ



足立区生物園の昆虫飼育ボランティアに行ってきました(前回の様子)。いつものように落ち葉堆肥の切り返しをした後、




ホタルのエサとなるカワニナの水路を掃除しました。




塩ビパイプにくっついているのは、なんと「ヒル」。ヒルはカワニナを食べてしまう厄介者なのだとか。そこで、ヒルが好むつるつるしたもの(塩ビパイプ)を沈めて時々取り出し、駆除しているそうです。




この子は盛んに動き回っていましたが、乾燥が苦手なようで、そよ風に当てたら、みるみる弱っていきました。




このように貝に取り付いて食べてしまうそうです。




水路のカワニナを集め、生きている子だけを人海戦術で抽出しました。




↓結果がこちら。左が生きている子、右が死んで貝殻になったものです。ヒルによる被害が多いようですね。ちなみに明日、新しいカワニナが入ってくるそうです。




カップに集めたヒル。うじゃうじゃです。(^^;




◇     ◇     ◇


作業の合間に、日本で最も小さいカマキリ、ヒナカマキリの赤ちゃんを見せてもらいました。割り箸の側面に付いているのがヒナカマキリの卵鞘で、その下に孵化した赤ちゃんがいます。




拡大すると、ちゃんとカマキリの形をしていました!(^^)




◇     ◇     ◇


その後、昆虫ドームの中に「ミニ田んぼ」を作りました。地面に穴を掘りまして、




タフブネを設置。




泥を作って、田植えをしました。




完成です!ミニ田んぼではカブトエビも育てるそうです。今後どうなるのか楽しみ。(^^)




◇     ◇     ◇


おまけ:

元渕江公園のカルガモのヒナたち。この子たちは正真正銘のカルガモっぽい。昨日、舎人公園で見た子たちはほとんどアイガモのヒナだったようです。




2015年5月23日土曜日

舎人公園、カルガモのヒナを眺める



カルガモのヒナがかわいい季節なので、舎人公園に行ってみました。予想通り、たくさんいました。(^^) ところで、カルガモのヒナなのになぜ黄色い子がいるのだろう?個体差なのでしょうか、それとも雑種?→お母さんはカルガモ、お父さんはアイガモ(マガモ+アヒル)なのかな?(参考サイト1参考サイト2)。








こちらの家族はお食事中。




女の子があげたパンに群がっていました。(^^;




アカボシゴマダラかと思ったら、ゴマダラチョウでした。(^^)




こちらのヒナは小さい子でした。かわいいなあ(←この子たちも黄色い。アイガモのヒナなのかな?)。




寝てる。




よく見ると、お母さんがカルガモではないようです。アイガモ?




こちらにも家族が。こちらは(たぶん)カルガモだと思う。




娘も間近でかわいいヒナたちを見ることができました。ただし、この人は地面に落ちている枝などの方が気になる様子でしたが・・・。




都市農業公園の花ボランティア、夏花壇の植付け作業



都市農業公園の花ボランティアに行ってきました(先々週の様子)。園内のアジサイ、徐々に色づいてきています。




本日の作業は、夏花壇の植付けでした。植えつけたのは、すべてタネから育てた苗です。今回はスタッフさんのご協力により、農業交流館前で立派な苗を育てることができました。ありがとうございました。m(_ _)m また、今日はたまたまボランティア体験希望の方が来られていて、植付け作業を手伝ってもらうことができました。とても助かりました。(^^)






当初、苗が足りないかな~などと思っていたのですが、とても入りきらないことが判明。また次回以降、場所を探しながら植付けていきたいと思います。なお、緑のカーテンの増設作業は今回は手が回らず、来週に・・・。




◇     ◇     ◇


おまけ:

花ボラとは関係ありませんが、我が家で生まれたスズムシの赤ちゃんです。(^^; 体長は数mm。昨年産まれた卵から孵化したものです。


(白っぽいものは砂ではなく、スズムシのエサです。)


2015年5月19日火曜日

旧古河庭園のバラを見に行く



日曜日、旧古河庭園のバラを見てきました(昨年の様子)。とにかく天気が良くて暑かったです。大勢のお客さんが詰めかけておりました。








娘を連れて行きましたが、




あまりの暑さに、この写真を撮ってすぐに森の中に逃げ込みました。森の中は日陰で涼しいです。




娘、葉っぱをバイオリンに見立てて遊んでました。




娘とカミさんには日陰で待っていてもらい、一人でバラの撮影へ。こちらはアンジェラ。




シンデレラ。




緑光。






ゴールデンメダイヨン。




白鳥。




琴音。




万葉。




ツマグロヒョウモン。




アオスジアゲハ。






その後、カミさんはどこかに遊びに行き、私は娘と園内をぐるぐる回ってから帰りました。久しぶりに娘と過ごせて楽しかったです。(^^)


2015年5月17日日曜日

川あるきの日(西新井橋左岸)、パチパチという音の正体は?



荒川ビジターセンターの自然観察会「川あるきの日」に行ってきました(前回の様子)。今回も子供たちが大勢来ていて賑やかでした。コースは西新井橋~扇大橋左岸。歩いていると草むらから「パチ・パチ・・」と変な音が聞こえます。なんと、カラスノエンドウの実が弾ける音なのだとか。今日は天気が良かったので、川あるきの最中、ずっとこの音が響いていました。




ショウリョウバッタの赤ちゃんがたくさんいました。




モンシロチョウ。




コヒルガオ。




コメツキムシの仲間(サビキコリ?)。




シオヤアブ? 獲物を捕らえています。




本木ワンドに到着。




キショウブ。




アカバナユウゲショウの白バージョン。珍しいとのこと。名前は「シロバナユウゲショウ」にはならず、アカバナユウゲショウのままらしい。




オオヨコバイ? たくさんいました。




ベンケイガニ。泡をブクブク。




コガネグモ。獲物がぐるぐる巻きになってました。




終了後、子供たちが捕まえた虫たちを逃してあげることに。




トノサマバッタの幼虫。かわいいけど、脚を痛めてしまったらしい。




ベニシジミ。




クロクモヤガでしょうか。




クモちゃん&セアカヒラタゴミムシ?




桑の実。桑の葉は切れ込みが深いというイメージがあるけど、切れ込みがないものもありました。




ヒメカメノコテントウ? アブラムシを食っております。




ハグロハバチの幼虫。ギシギシの葉を食っております。




ムラサキカタバミ。




帰り道、アジサイが綺麗でした。(^^)