2017年4月30日日曜日

川口グリーンセンターのモッコウバラ



50周年なんですね~。






フライ兄に付き合ってもらいました。(^^;




シャクナゲが満開でした。




目当てはモッコウバラです。






裏から撮ったほうがキレイかも。




藤の花も綺麗。




2017年4月29日土曜日

都市農業公園の花ボラ、「どろうまる」を使ってみる



魚住先生の発明した除草マシーン、「どろうまる」というらしい。五郎丸さんと泥をかけたのかな?ともかく、これが優れもので、腰を曲げずに除草作業ができます。竹の柄の先端に「ねじり鎌」が付いており、いわゆる「三角ホー」にも似ているわけですが、鎌が鋭利なため、引いたときの抵抗が少なく、疲れにくいのだとか。花壇の通路部分の除草には打ってつけという感じでした。




古民家前の畑。4月のはじめには小さなプラグ苗だったのが、もうこんなに大きくなっていました。




矢車菊がバッタバタに倒れていたので、紐と支柱で補強。うーむ、見た目がイマイチかも。(^^;




◇     ◇     ◇


作業終了後、共生館でハーブティーをいただきながら、YMSTさんのお子さんとお絵かき遊び。おめめがクリクリで可愛らしかったです。(^^)


帰りはマクロレンズを片手に園内を散策。モッコウバラが綺麗でした。




牡丹の花の中にコアオハナムグリが。






アカタテハ。後翅表面が褐色なのが特徴らしい。




毎回名前をど忘れしてしまうのですが、シラー・ペルビアナ(大蔓穂:おおつるぼ)というそうです。




田んぼの畦にムラサキサギゴケがびっしり。




ハルジオンも可愛らしい。




バラのところにいました。バラゾウムシくん。バラのつぼみをダメにしてしまう困った奴ですが、今年はアブラムシの方が目立ってますね。




早くも咲いておりました。




八重桜、散りましたね~。関山の下はピンク色になっていました。




生物園の昆虫飼育ボラ、池の中を覗いてみる



昆虫ドームの小さな池。プラスチック製の人工の池なのに、アカガエルのオタマジャクシやミジンコ、ミナミヌマエビなどがたくさんいて、ちょっとした生命の楽園になっていました(小さすぎて写真には撮れませんでしたが・・・)。アカガエルは周りにいるから分かるけど、ミジンコやエビなどは一体どこからやってきたのだろう?卵を含んだ土が池の中に入って孵化したのでしょうか。なんだか命の力強さを感じました。




落ち葉堆肥の切り返し。昨年とは打って変わってなかなか発酵せず・・・。少し水をかけて様子を見ることに。




オオミズアオの幼虫。この後、昆虫ドームに放たれました。




ソバの種を蒔いています。




カブトムシ。太った幼虫がたくさん出てきました。




2017年4月23日日曜日

西新井大師の牡丹を眺める



もう咲いてるよと聞き、生物園ボラに行く前に見てきました。(^^)














雲一つない晴天で、鯉のぼりが綺麗でした。








藤の花。




思わず鯉のぼりにピントが合ってしまう。






藤の花、白バージョン。




お神輿にも牡丹が。




八重桜も綺麗でした。






Google先生作。




2017年4月22日土曜日

都市農業公園の花ボラ、お試し期間始まる



公園入口の桜並木が綺麗。これは普賢象。






こちらは江戸系。




園内の桜も綺麗です。




松月はもう散り始めていました。もったいない・・・。




縁起の良さそうな名前の福禄寿。




糸括。




関山。






さて、花ボラは5月から正式に始まるので今はお試し期間。今日は工房棟前の花壇や育苗温室、ハーブ園などを見て回りました。作業は土曜日に限定せず、生物園みたいにシフト表に作業可能な日時を書き込む方式になるみたい。まあ、私は土日限定ですが。(^^;




魚住先生の発明した雑草取りマシーン(?)の説明を聞いていたら、オケラを発見。↓は男の子が勇気を出して触ろうとしているところです。




暖かくなると、いろんな生きものが出てきて楽しいですね。写真撮れなかったけど、カエルも何度か見かけました。あと、園内でクサガメがのこのこ歩いてたそうで、共生館に展示されていました。この子も展示されるのかな?