2015年7月29日水曜日

新潟・柏崎、車中泊の旅



今回、新潟・柏崎には一人で行ったため、久しぶりに車の中で寝泊まりする「車中泊」を試すことができました。以下、メモ書きです。

旅の計画
土曜の夜22時に東京を出発し、どこかで車中泊をして日曜日の朝に新潟・柏崎に着く。そのまま花火の場所取りに向かう。昼間は適当に過ごし、夜の花火を見に行く。ただし、車では花火会場に近づけないため、自転車を活用する。自転車を車に乗せ、車中泊の際には下ろして寝る。花火は日曜日の21時頃に終わるが、「人の渋滞」が発生するため、出発は23時ころになる。とすると、帰りもどこかで車中泊をして月曜日の朝に東京に戻る。


車中泊の準備
車(オンボロ・ファンカーゴ)の後部座席を床に収納し、フラットになった部分に30cm角のクッションシートを敷き詰める。夏なので布団はいらないかとも思ったが、念のため持っていった(これは大正解だった)。自転車を乗せるため、汚れを防ぐシートも用意した。このシートは花火の場所取りシートにも使えた。窓を覆う「目隠し」には、吸盤で貼り付けるサンシェード(1枚198円)を利用した。

↓こんな感じ。これは寝た後、朝に撮影したもの。






場所選び
夏の車中泊では暑さ対策が最大の課題だ。エンジンを切って寝るのだから、クーラーは使えない。とすると、涼しいところに行くしかない。涼しい場所はどこだろうと考え、まず関越自動車道の赤城高原SAに向かった。深夜の気温は22℃と肌寒かった。ただし、停車中のトラックのエンジン音が大きく、車中泊には向いていないと感じた。

次の下牧PAは静かで、車中泊をしている人もたくさん見かけた。ここで泊まろうかとも思ったが、もう少し先に行ってみたいと思い、谷川岳PAへ。谷川岳PAは残念ながら工事中だったものの、疲れていたので、もうここで寝ることにした。なお、明かりは手回し式のランタンを使用。明るさが10秒ほどしか持続しないが、まあまあ使える。


寝心地
ファンカーゴは後部がやや高くなっているものの、そちらに頭を向けて寝れば問題ない。布団があるととても寝やすい。ただし、窓を締め切って寝ていると、谷川岳PAですら車内はだんだん暑くなってきた。このため、危険とは思いつつも、少しだけ窓を開けて寝た。それでもしばらくは暑苦しく、団扇で扇ぎ続けた。そんな調子だったので熟睡することはできず、結局3~4時間寝ただけで目が覚めてしまった。その頃(朝4時30分ころ)には車内はすっかり寒くなっていた。


車中泊の魅力
朝、谷川岳PAの「六年水」という湧き水で顔を洗った。こういうところがちょっと楽しい。




朝は山や田んぼなどの風景が本当に綺麗だ。これは車中泊をして良かったなと思えるところ。しかし、美しい風景の多くは運転中に見えるので写真が撮れず残念。下の写真は途中のPAで撮ったもの。




帰りの車中泊
自転車を活用したおかげで花火会場から実家まで短時間で戻ることができた。とはいえ、出発したのは夜22時30分ころだった。帰りはさすがに眠くなり、そのうちに目で見た映像がカクカクとコマ落ちしてきた。脳の処理速度が追いつかなくなってきたのだろうか。これは危険だと判断し、下牧PAで車中泊。疲れていたため、爆睡した。

気が付くと、深夜2時30分だった。運転を再開すると、体の疲れが大幅に緩和されていた。目で見た映像も滑らかになり、運転の安定性が劇的に改善した。さらに深夜から早朝は道路がまったく混まず、快適そのものだった。東京の自宅に戻ったのは月曜の朝4時30分くらいだったと思う。


感想など
車中泊は体力的に厳しい面があるものの、自由度が高く、行動の幅が広がる。ただし、熟睡するためには涼しく静かな場所を選ぶ必要があるだろう。

ところで、小さいころ、実家の父と兄と3人で車中泊の旅に出たことがあった。巨大な日産キャラバンだったので、広々と寝ることができたのだと思うが、暑さ対策はどうしていたのだろうか? 遠い昔のことなので思い出せないが、車中泊に魅力を感じる一つの理由はそのころの経験にあるのかもしれない。

余談だが、海外の映画などを見ていると、車の中で生活する人がたまに出てきて、そういう生活に強く憧れてしまう。映画「バス男(原題:ナポレオン・ダイナマイト)」のリコ叔父さんとか憎めない存在で個人的に気に入っている。稲見一良さんの小説「ダック・コール」に出てくる狩りをする少年「ヒロ」と癌を患った男の話も好き。ドラマ「風のガーデン」の中井貴一さんも良かった。

いや柏崎に帰るんだったら実家に泊まればいいじゃんとも思うのだが、たまには車中泊の旅も楽しい。といいつつ、実家では朝食、昼食、夕食をごちそうになり、シャワーを借りて昼寝までさせてもらったのだが。(^^;


2015年7月28日火曜日

薬師堂の海でシロウミウシを見つける



花火を見るために新潟・柏崎に行ったわけですが、せっかくなので海で泳いできました。今回も薬師堂の海を選択しました。国道沿いに無料の駐車場があって気軽に行ける上に、海水が綺麗で岩場も多く、生きものがたくさんいるためです。




こちらの奇岩周辺がオススメです。








実家からパラソルを借りて正解でした(これがなかったら灼熱地獄でした)。




海の中にはいろんな魚たちがいますが、網などを持っていないと、捕まえることは難しいです。その点、こちらのシロウミウシは簡単に捕まえられました。とても鮮やかで海の中で目立っていました。




帰る時、近くの家族に「ウミウシ、いりませんか?」と声をかけたら、すごく綺麗!と喜んでもらえました。良かったです。(^^)


2015年7月27日月曜日

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会2015



新潟・柏崎の花火「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」に行ってきました(昨年の様子)。今回は本部近く(雷音のあたり)で見ることができました。打ち上げ会場が広範囲に分散しており、カメラを右や左に忙しく動かしながら撮影しました。(^^;

超ベスビアスワイドスターマイン(東芝・柏崎工場)



名物の海中空スターマイン



超ベスビアスワイド海中空スターマイン(ブルボン)



尺玉100発1500m一斉打ち上げ



大型ベスビアスワイドスターマイン(アクシアルリテイリングほか)



3尺玉2発同時打ち上げ



市民一同



尺玉300連発



動画はこちらです
最初の1カット目が尺玉100発1500m一斉打ち上げ。柏崎花火の目玉です。



◇     ◇     ◇


おまけ:

打ち上げ前の様子。夕日が綺麗でした。



これは朝の様子。7時に無料会場の場所取りが解禁されます。7時30分くらいに行ったのですが、いい場所はほとんど埋まっていました。それでもなんとか、2畳分のスペースを確保し、近くで見ることができました。(^^)



2015年7月25日土曜日

都市農業公園の花ボラ、藁でマルチング



都市農業公園の花ボランティアに行ってきました(先週の様子)。寄せ植えのところ、ヤマトシジミが。






工房棟前のダリア。






ブルーサルビア。




さて、本日の作業。工房棟前の花壇を藁でマルチングしました。来週はそろそろ秋まき用の種の相談をする予定です。




◇     ◇     ◇


隣の教室では藍染めをしていました。




この子は胸側面の紋がない。ショウジョウトンボの未成熟オスかな?






セミが元気に鳴いています。






◇     ◇     ◇


午後からフライ兄と有楽町の「東京都私立学校展」へ。とりあえず、近所の高校を3件ほど回ってみました。来年受験なので、そろそろ準備しないと・・・。




2015年7月23日木曜日

ウスイロササキリの幼虫、イグサの穂に集まる



ウスイロササキリの幼虫は、親と同じくイ(イグサ)の穂が好きみたいです。採ってきた草を幼虫のプラケースに入れたところ、自然とイグサの穂に集まってきました。何か特別な匂いでもあるのでしょうか?




食べようとかじっていますが、本当に食べているのかどうかはよく見えません。(^^;




シマスズメノヒエなども柔らかくて美味しそうなのですが、食べてくれるかどうか。




幼虫のプラケースはこんな感じです。幼虫たちにとってはジャングルですね。




親(成虫)はプラケースを縦にして飼っています。




成虫たちは徐々に衰えており、メスは4匹中、2匹が死にました(産卵を終えると死ぬのかもしれない)。オスは4匹とも生きており、いまだに鳴いてくれます。が、鳴く頻度はかなり減りました。




◇     ◇     ◇


関連記事:
ウスイロササキリ、卵が孵化しました
ウスイロササキリ、イ(イグサ)に産卵する
ウスイロササキリのメス、精包を食べる
ウスイロササキリは穂を食べる?



2015年7月22日水曜日

ウスイロササキリ、卵が孵化しました



ウスイロササキリの卵が孵化しました。産卵が7月4日ですから、2週間ほどで孵化したことになります。プラケースを毎日チェックしていたわけではないので、もうとっくに生まれていたのかも。(^^;




ウスイロササキリの赤ちゃん、初めて見ました。触角を入れない体長は3~4mmで卵と同じサイズ。触角の長さは1cmもあります。






ちなみに卵はこんな形でした。




下の写真のように産卵後のイグサをプラケースの中に入れてシュシュッと霧吹きし、ラップで覆っておいただけ。このところの猛暑で一気に孵化したらしい。感覚的にはヨーロッパイエコオロギの累代飼育と似ているような・・・。




問題は何を食べるのか、よくわからないこと。とりあえず、野鳥のすり餌を与えているのだけど、ほとんど無視されている・・・。

あと、コオロギと違ってプラケースの壁を平気で登ってくるところが困ってしまう・・・。プラケースのフタではメッシュが粗すぎて通り抜けてしまうし、今のところはラップで密封してます。

ちなみに、孵化に気づいた時、ラップの一部に隙間があいていた。ということは、何匹かは逃げ出して部屋の中にいるのかもしれない。そいつらが生き残れるとは到底思えない。かわいそうなことをした。ごめんなさい・・・。


◇     ◇     ◇


関連記事:
ウスイロササキリ、イ(イグサ)に産卵する
ウスイロササキリのメス、精包を食べる
ウスイロササキリは穂を食べる?



2015年7月20日月曜日

ベランダプール、始めました



いやー暑くて、暑くて。(^^; 清水坂公園で水遊びしようと思ったのですけど、もう水が止まっちゃう時間帯だったので、フライ兄が小さいころ使ってたビニールプールを引っ張りだしました。




水深10cmくらいでも、寝そべって入ると涼しいのです!(^^)






こういう時、防水のカメラがほしくなる・・・。






◇     ◇     ◇


午前中はフライ兄と映画「アリのままでいたい」を見てきました(OTさん、ありがとう)。




(感想)
最初の5分ほどで「ありゃーこれ完全に小さいお子様向けの映画だわー」と後悔したが、最後まで見たら大人でも楽しめる内容だった。フルHDに慣れた我々の世代からすると、映像はやや時代を感じさせるアナログ風の質感ではある。が、逆にそれが良かった。夏休みに田舎に帰ったような気持ちになった。映画館もアンティークな雰囲気の丸の内TOEIで合っていた。

主役はアリでもカブトムシでもなく、カマキリである。特に死ぬ間際のカマキリの行動は大変印象的だった。撮影監督の栗林慧氏の素晴らしさもよく伝わってきた。特殊な「アリの目カメラ」で撮影した映像は独特な雰囲気で、普段見られない貴重なシーンが多かった。栗林氏が主役のドキュメンタリー映画でも良かったと思う。

また、途中何度か登場した地獄のミサワのアニメが秀逸だった(笑)。あれは一見の価値がある。あと、スタッフロールにボランティア先の足立区生物園が出てきて、ちょっと嬉しかった。


2015年7月19日日曜日

川あるきの日(わんど広場)、木陰を探して歩く



荒川ビジターセンターの自然観察会「川あるきの日」に行ってきました(前回参加した時の様子)。関東甲信地方は梅雨明けしたそうで、この日も厳しい暑さとなりました。(^^;

千住新橋を渡って対岸へ



かわいい模様のショウリョウバッタ



コバネイナゴの幼虫



暑さにもめげず
二人のお子さんを連れて品川区から来られていた方がいました。



涼しい木陰でひと休み



今度はあちらの木陰へ



小さなカニさんを発見



こうすると、カニさんがニコニコ顔に見える



木陰の中で本日のまとめ&のぐちさんリサイタル



ということで、本日はあまりの暑さに虫を探すよりも木陰を探す方に夢中になってしまいました。(^^; 写真はないのですが、カンタン(ヒロバネカンタン?)なども見つかりました。鳴き声がかわいらしいので、今度飼ってみたいなあ~。