2017年6月25日日曜日

生物園の昆虫飼育ボラ、安全管理の講習を受ける



生物園に寄付したカブトムシ、オス32匹、メス31匹の計63匹でした。都市農業公園に寄付した4匹を加えると、全部で67匹。幼虫の数と一致します(幼虫の時の様子)。それにしても、オスとメスの比率が自然にほぼ半々になったのには、ちょっと驚きました。




今回、市販の昆虫マットと、園芸用の完熟腐葉土で違いが出るか実験してみました。下の写真は左が昆虫マット、右が完熟腐葉土で育てたカブトムシ。昆虫マットの方は普通に大きくなりましたが、完熟腐葉土では小さなカブトムシばかりになってしまいました。




◇     ◇     ◇


さて、今日はチョウの飼育講座と、安全管理講習を受けてきました。ボラ参加者は受講が必須条件となっており、私は前回受けられなかったので、今回受けてきました。




チョウの飼育講座は以前習ったものとほぼ同じでした(その時の様子)。腐葉土や昆虫ドームの作業に比べると、チョウのお世話は繊細で大変そう。7月からアカボシゴマダラが特定外来に指定されるため、飼育や保管、運搬は原則できなくなるそうです。もし捕まえたら殺処分すべしということなのでしょう。




こちらは安全管理講習。今回初めて受講しました。平和そうに見えるバタフライガーデンにも危険は潜んでいます。ミツバチの巣箱も危険ですが、その左側にある採光用の窓に乗ってしまうと、割れて転落する可能性も。花壇の中にはイラガやチャドクガが潜んでいる可能性があり、長袖・長ズボンが必須です。




こちらはハネカクシ。誤って潰して体液が皮膚に付くと、ヤケドのような炎症を引き起こしてしまうそうです。通称、やけど虫。




こちらは水路の写真。水草が繁茂して緑になっている部分を陸だと思って踏むと、下は水になっており、ケガをする可能性があるそうです。




さて、この後は「危険な生きもの大集合」といった感じで、大変面白く聞かせてもらいました。例えば、タランチュラはお尻に毒の毛があり、それが目に入ったりすると危険なのだとか。




大きな牙から出るのは毒ではなく、消化液なのだそうです。なので、たぶん噛まれたら痛いのでしょうね。




終了後、クモ好きのスタッフさんが手に乗せていてビックリ。確かにモフモフで可愛らしい。私も生まれて初めてタランチュラの脚に触らせてもらいました。(^^;




こちらはダイオウサソリ。尻尾の毒はとても強そうなイメージがありますが、スタッフさんによると、毒の強さは「ムカデ>サソリ>クモ」の順なのだとか。ムカデの毒のほうが強烈というのはちょっと意外でした。




サソリをピンセットでつかむときは、尻尾を持つのだそうです。なんだか尻尾が切れそうな感じがしますが、実はサソリの尻尾は切れにくいのだとか。なので、慣れた人は素手で尻尾をつかむこともあるそうです。




ただし、尻尾をつかむと、ハサミで攻撃してくるため、素手ではやはり危険とのこと。まあ、素手でやる気にはならないですが。(^^;




2017年6月24日土曜日

都市農業公園の花ボラ、カブトムシを寄付する



67匹もいたカブトムシの幼虫(その時の様子)。先々週くらいから続々と成虫になり、そろそろ生物園に寄付したいと思っています(もともと、そのつもりで育てていました)。せっかくなので、都市農業公園の共生館にも2ペア寄付してきました。




そろそろアジサイも終わり?今年はなんだか梅雨らしくないですね。




先週、花苗をたくさん植え付けたそうで、工房棟前の花壇はにぎやかになっていました。




ヤマモモの実がたくさん落ちていました。




さて、本日はハーブ園の雑草取りと称して、メドーセージを片っ端から引っこ抜きました。メドーセージ、買ったらそこそこの値段がしますので、最初は「もったいない~」などと思っていましたが、とんでもない。これはもう雑草扱いでOKだと思います。たぶん、根が残っていて復活するだろうし。ハーブって基本雑草だということを忘れてました。




地下茎で繁殖するらしく、絨毯のように広がっていました。そして、太い根っこには燃料タンクのようなイモがたくさんついています。これは強そうです・・・。




2017年6月17日土曜日

幼稚園の父の日イベント



今日は幼稚園の父の日イベントでした。






似顔絵を描いてくれたらしい。




これは何?→娘「毒虫」。




毒虫、ありがとう。(^^;





2017年6月11日日曜日

ベルモント公園のスタッフさん体験へ



ベルモント公園の「公園スタッフなりきり体験」というイベントに行ってきました。年に1回しかないのだとか。まずは池のお掃除から。タモで葉っぱをすくい集めました。




次はコイのエサやり。コイって、結構エサ食べるんですね~。




看板を完全に無視した行為ですが、今回はOKです。(^^;






さて、お次は樹の下のお掃除。






何が落ちているのかと思ったら、こんな綺麗な実の付いた花でした。




マメ科のアメリカデイゴという樹木。6月のほか、秋にも花を咲かせるらしい。




さて、お次は芝刈り。芝刈り機はロータリー式の鋭い刃が回転する仕組みなので、手は近づけてはいけないという説明を聞いています。




刃が回転し始めるまでは、押してもなかなか動きません。結構重いです。




でも慣れると一人で押せるようになりました。私も生まれて初めて芝刈り機を体験させてもらいましたが、感激しました。(^^)




おお~、芝が刈れた~。ピーターラビットに出てくるマグレガーさんが子うさぎたちにかけたのは、きっとこんな芝だったのでしょうね。笑




ここで小休止。スタッフさんが冷え冷えのアップルジュースをおごってくれました。親にも飲ませてくれました。ありがたや~。




後半はプランターの水やり。






そして花がらを摘みました。




終了です。1時間のイベントは、娘にはちょうど良いボリュームでした。




そして、なんと最後にスタッフさんがアイスの「ガリガリ君」をおごってくれました。親にも食べさせてくれました。ありがたや~。そして、今回ガリガリ君を初めて食べたというお子さんもいらっしゃいました。




楽しいイベントでした。個人的には手動の芝刈り機が面白かったな~。(^^)




◇     ◇     ◇


Google先生作。



2017年6月10日土曜日

都市農業公園の花ボラ、ヒバカリを発見



今日は暑かった~。でも良いことがありました。堆肥置き場のカバーの下にヒバカリがいたのです。(^^) ヘビ好きのスタッフさんが早速回収していました。毒はないですし、このサイズでもう大人という可愛らしいヘビです。




共生館で飼うのかな?シマヘビ、ヒバカリと、だんだんヘビが充実してきた~。(^^)




カナヘビもいました。やっぱ爬虫類は癒やされます。




今日はブルーサルビアや千日紅を植え付けたりしました。意外に花苗が豊富で、もう花壇には入り切らないほどです。




ウスベニアオイ。ハーブティーに利用できるらしい。今度どんな色になるのか、見てみたいですね。




立田蜻蛉葉朝顔を鉢植えにしました。ヒバカリがいたのは、下の写真の右端の堆肥置き場です。




ミツバチ。




オオスカシバ。




アジサイ、綺麗でした。