2015年8月29日土曜日

都市農業公園の花ボラ、ビオラたちをポット上げ



都市農業公園の花ボランティアに行ってきました(先週の様子)。今日はあいにくの雨でした。おまけに8月末とは思えない気温の低さ・・・。体調を崩さないようにしないと。




にしても、ダリアは強いなあ~。バッサリ行ったところから、こんなに芽が伸びてます。




ハーブの先生が育てているアマ(フラックス)。小さな花がかわいらしい。




クロウリハムシ。なんだか雨が似合います。




雨の日はクモの巣の水滴も密かな楽しみ。(^^)




先週、外に出した苗たちは立派に育っていました。今日はこの子たちをポット上げしました。




1個のポットに3つずつ。根が張りやすいようにポットの側面に沿って移植しています。ちなみに、この子はストックだと思う。




一方、室内の苗たちは屋外のものに比べるとヒョロヒョロでした。ということで、今日はこの子たちも外に出しました。水も多すぎるので抜いておきました。




例によって、虫を防ぐ網を設置しました。ところで、この網ってものすごく切りにくいんですね。(^^; 前回以上に苦戦し、ハサミの切れ味とは関係ないことがわかりました。




今年こそは苗が無事に育ってくれると嬉しいです。苗が余ったら、また寄せ植え作りたいですね~。




2015年8月24日月曜日

生物園の昆虫飼育ボラ、手作り昆虫ゼリーを与える



日曜日、川あるきの後、足立区生物園の昆虫飼育ボランティアに行ってきました(前回参加した時の様子)。堆肥置き場にかわいいヤモリが。




そろそろ、落ち葉堆肥も完成かな?




地下の飼育場でカブクワ成虫のエサ換え。




最近では昆虫ゼリーを手作りしているのだとか。確かに買うと高いもんなあ~。材料は黒糖とお酒とゼラチンだっけ? ちょっと味見してみたら普通に甘くて美味しかった。(^^;




スタッフさんが大切に育てているヘラクレス。蛹室は生け花用の吸水スポンジ「オアシス」を削って作ったそうです。




お次は昆虫ドームの管理。カエルやカナヘビを捕まえて、子供たちに見せると喜んでくれます。ちょうど、カナヘビを自由研究の題材にしてた子がいて、じっくり観察していました。(^^)




◇     ◇     ◇


※ここから先はゴキブリなどが出てきますので、苦手な方はご注意ください。


おまけ(1)セスジスズメから変なの出てきた・・・

我が家で育てていたセスジスズメ。蛹になって喜んでいたら、こんなのが出てきました。寄生バエの幼虫のようです・・・。




蛹に穴が開いてる!もう蛹はふにゃふにゃになってました。(T_T)




出てきた寄生バエの幼虫は計4匹。外にでるとすぐに蛹になります。時間差で蛹の色が違うので、意外とカラフル。でも、この後ハエになるかと思うとちょっと・・・。




生物園のスタッフさんの話では、変な場所を単独で歩いている幼虫は寄生されている可能性が高いのだとか。確かに今回のセスジスズメは建物の壁を歩いていました。寄生されると幼虫の行動がおかしくなるのかな?


(見つけた時の様子)


◇     ◇     ◇


おまけ(2)コスズメ&リベンジ・セスジスズメ

セスジスズメの食草(ヤブガラシ)を採ってきたら、たまたまコスズメの幼虫が2匹付いていて、今育てています。




どんどんエサを食べて大きくなっています。




そして、新たなセスジスズメの幼虫も2匹入手。寄生されていないことを祈ってます。




◇     ◇     ◇


おまけ(3)ゴキブリちゃん

我が家に出現したクロゴキブリを捕獲し、観察していたところ、いろいろと発見がありました。まず、止まり木として入れた椿の実の殻をかじって食べています。ゴキブリって、何でも食べるんですね~。ただし、昆虫ゼリーはまったく興味がないらしい。




そして、約1カ月の間に卵(卵鞘)を4個産みました。下の写真は産んでる時の様子。卵鞘は結構大きいのに、こんなのを毎週のように産むのです!恐るべし!((((;゚Д゚))))




そして、卵鞘は目立たないように椿の実の殻に塗りこむように産むのです。下の写真、中央付近にある黒い物体が卵鞘。完璧なカモフラージュ!しかも、お母さんゴキブリが卵の近くから離れず、守っている(ように見えました)。ゴキブリって、頭いいのね。




ちなみにカモフラージュなしだと、卵鞘はこんな姿です。がまぐち型。一つの卵鞘に20~30個ほどの卵が入っているらしい・・・。




ゴキブリの恐るべき生存能力にビックリしまくりで、生物園のスタッフさんが「ゴキブリ面白いですよ~」と言ってたのも何となく分かりました・・・。


2015年8月23日日曜日

川あるきの日(東武線鉄橋下左岸)、イチモンジセセリの卵



荒川ビジターセンターの自然観察会「川あるきの日」に行ってきました(前回の様子)。今回のコースは東武線鉄橋下~堀切橋左岸。夏休みも終わりに近づき、子供たちは宿題で忙しいのか、大人だけの川あるきとなりました。




セリの花。




イチモンジセセリがたくさんいました。




なんと、目の前で産卵!イネ科の葉に産み付けるんですね~。




シオカラトンボのメス。トンボはたくさん飛んでいたのですけど、写真に撮れず・・・。




たぶん、タマスダレ。




今回のコース、足立区から葛飾区にまたがっています。




ショウリョウバッタ。この時期になると大きいのがたくさんいますね。




当初、この水門をゴールにしていましたが、予想以上に早く着いてしまい、荒川小菅緑地公園の方にも足を延ばしました。




わずかな日陰を求めて・・・。今日は相変わらず暑かったですけど、涼しい風が吹いてくれて助かりました。




コヒルガオ。




モンキチョウ。




何の繭かな?




トノサマバッタの幼虫。たくさんいました。




◇     ◇     ◇


おまけ(本文とまったく関係ないけど)



2015年8月22日土曜日

都市農業公園の花ボラ、発芽したビオラを外に置く



今週も都市農業公園の花ボランティアに行ってきました(先週の様子)。日々草は灼熱地帯でも元気に育ってくれる有難い存在。




コキアが大きくなってきました。放っておいても自然に丸くなるのが嬉しい。




緑のカーテンはややスカスカだけど、上に行くほど高密度。




先週切ったダリアの株から新芽が。ダリアは強いなあ~。




さて、事務所で育ててもらっている苗たち。底面給水用のビニールに不具合があったようで、水漏れしたらしい(ごめんなさい・・・)。今度は安全なプラ舟に変更しました。




そして、涼しい室内で発芽したビオラたちは外に出すことに(←これ、間違ってたら教えてください)。自信がないので、ビオラは半分だけ外に出してみました。急な温度変化に耐えられるだろうか?




虫に食べられないように、こんなふうにしました。とりあえず、雨が当たらない軒下&半日陰に安置。




ところで、寄せ植えの花たちが、ものすごく元気。これは今後も増やしたい。




◇     ◇     ◇


終了後、公園内を散策。この子はコアオハナムグリ。




シロテンハナムグリ。




モンシロチョウ。




せせりん(イチモンジセセリ)。




ナミアゲハ。




ステルス性能の高いカエルちゃん。




アオドウガネ、交尾中。




ショウジョウトンボのメス。手を差し出しても逃げない良い子でした。




ショウジョウトンボのオス。




サバイバルキャンプの体験イベントがあるらしい(でも寝るのは古民家とのこと)。




アブラゼミ、相変わらず元気に鳴いてました。